So-net無料ブログ作成
検索選択

三菱リコールの対応 [リコール]

その後ですが

販売店から連絡があり一旦はメーカーはこのリコールを受け付けなかったとのことです。

理由は前回のリコール検査実施から約10万キロ、時間にして9年余り経っていることにより

リコール箇所とは言え消耗品な部分なので今まで点検・修理・交換をしていなかったこちらに

非があるとの判断だったそうです[ふらふら]

ですが販売店・担当メカニックさんがこのリコールによる事故?の危険性を少しオーバーして

再度意義を立てたところ何とか今回だけは保障してくれてとのことでした。

しかし現状はリコール箇所の損壊により車体が落ちフェンダーが割れ(FRPなので)サイドスカート

も割れ、インナーフェンダーも吹っ飛び車体が落ちた衝撃でドライブシャフトも抜けてしまった

わけで…それらをどうしてくれるのか再度話したところフェンダーやサイドスカートに関しては

お客様がローダウン・インチアップされていることにより起きたことで、同じリコールがある

ギャラン等では純正タイヤ・純正車高ではクリアランスは十分でそのようなことには

なりませんと言われました[がく~(落胆した顔)]

ん~・・・確かにそうかなと最初は思いましたが実際車体が落ちている現場を見た自分としては

純正タイヤ・純正車高でもあぁいう風に車体が落ちたら当たるんじゃないかと思えるんです・・・

しかも今回はたまたま田舎道でスピードを出していなかったわけでこれが国道や高速で

ハイスピード状態であったとして純正タイヤ・純正車高であったとしたら車体になんの損傷も

なかったのだろうか・・・ん~そんなことない気もするが[あせあせ(飛び散る汗)]

ただドライブシャフトの抜けに関しては前回のリコール検査実施時の対処として交換まで

いかない車体に関してはシール剤の塗布で済ませていたそうなんですがそれの保証期間が

10年間で今現在9年目だったことより保証期間内ということでドライブシャフトの方まで

保証してくれるとの話になりました。

最初はリコール箇所とは別なのでそれは見れませんと言われたのですがこれも

担当メカニックさんが上司に掛け合ってくれたのだということです。

とりあえず現在はこんなところなので追ってまたブログに上げたいと思います[ダッシュ(走り出すさま)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。